食育の資格取得を考える【フード学習スタートキット】

学生

人気の高まる食に関する職

食に関する仕事の予測

食材

食の安全や健康面で心配が高まっている現在は、食育と言う言葉がよく話題に上がります。食育とは、食に関する知識を身につけ、健康な食生活を送る取り組みのことを指します。小学校の家庭科から、大人の生涯教育まで広く行われている取り組みです。食育に関する資格も数多く存在します。フードコーディネーター、食育アドバイザー、食育スペシャリストなど、求められる現場に対して資格も細かく分けられています。資格が有利になる職場は、食品メーカーや飲食店など食に直接関する現場はもちろん、病院などの医療現場、福祉介護の現場、スポーツ選手のケアなども活用出来る場所に挙げられます。これからこのような現場で求められる資格や手腕が幅広くなり、食育の資格は就職や有利になるため発展していく分野の一つになるでしょう。

多くの人が受験する理由

食育に関する仕事の人気の理由は、人をサポートする仕事であるという点が挙げられます。職業の種類がどんどん増えている現代ですが、自ら引っ張っていくリーダーや、新しい世界を切り開くというよりは、人を支えて社会貢献していくという面が気性に合っているという人が多く居ることです。特に女性にはサポートする側の職業の方が合っている、やりたい仕事であるという人が多くなっていて、その傾向に食育の仕事がマッチしたとも言えます。資格の種類が細かい分、受験料は低めで、チャレンジしやすいという点も多くの人が受験している理由の一つです。また、食に関する知識は人間の根本となることから、自身の食生活の改善につながることもメリットです。